【採用問題解決】決定版!飲食店の人材不足問題の解決方法【ファイブグループ 代表取締役社長 坂本憲史氏ウェビナー】

【採用問題解決】決定版!飲食店の人材不足問題の解決方法【ファイブグループ 代表取締役社長 坂本憲史氏ウェビナー】 セミナー・イベント
【採用問題解決】決定版!飲食店の人材不足問題の解決方法【ファイブグループ 代表取締役社長 坂本憲史氏ウェビナー】

決定版!飲食店の人材不足問題!~これからの採用と定着を解決する方法~】は、2022年3月28日(月)の14時から無料のウェビナーとして開催されました。

このウェビナーでは「株式会社ファイブグループ」代表取締役社長の坂本憲史氏と「株式会社クロスビット」代表取締役の小久保孝咲氏にご登壇いただき、多くの飲食店が抱える人材不足問題に対して、具体的な現場での解決策をお話いただいています。

なおこちらのウェビナーはアーカイブで全編閲覧することができます。

他の過去のウェビナーもいつでもお好きなだけ閲覧いただくことができますので、この機会にぜひご登録ください。

このウェビナーの詳細を見る

このウェビナーの詳細を見る

お店やサービスをもっと良くしたい!と思っているけど、何から手を付ければいいか分からない!と言ったお悩みをお持ちではありませんか?
ファンくる」では、お客様の「なんか好き」「なんか微妙」など感情を定量化。ブランド選択理由や店舗毎特性など、お客様の体験を可視化できるようになりました。
特許を取得した独自解析によって、ブランド戦略や商圏戦略、業務改善をご支援します。
経営の意思決定や現場改善に繋がるデータ活用に課題を感じている方はお気軽にご相談ください。
ファンくるのサービス概要を見る

このウェビナーは、人材採用と定着の課題における他社の解決方法を知りたい方におすすめです

このウェビナーでは「株式会社ファイブグループ」代表取締役社長の坂本憲史氏と「株式会社クロスビット」代表取締役の小久保孝咲氏にご登壇いただき、お話を伺っています。

このウェビナーの詳細を見る

このウェビナーの詳細を見る

採用は成功事例をマネて、定着はお客様からフィードバックを

採用と定着の問題を解決する手段として、タイミーなどでお店を回されている企業様も多いですが、やはり自社独自の体験をお客様に提供するには、人材、それも数が必要と仰います。

人数を集めるためには、市況感など難しいこともあるものの、すでに世の中に出回っている他社の成功事例をマネして、しっかり取り組んでいくことである程度成果は生まれるそうです。

また、人材を定着させるには、ファンくるでも実施することが可能なスタッフへのフィードバックが重要であるとのこと。

某アイドルグループでの事例もありますが、お客様からの

  • ○○さんの挨拶が良かった
  • ○○さんの接客はとても良かった

など、指名でのフィードバックを貰えると、スタッフのモチベーション担保にもなり人材の定着に繋がるそうです。

最適な採用の媒体は時期や業態によって変わる

採用に最適な媒体は、

  • 採用する時期
  • 採用する業態

によって変わるので、最も効果的なものを追いかけているとのこと。

その中でも自社のホームページは効果的と言うことで、ホームページには力入れた方がいいそうです。

ただ、いろんな業態を経営している中で、焼肉などの働く人やお客様の両方に人気な業態は、採用も含めた人に対して苦労しないと言うことを感じるとか。

採用媒体も自社のデータを見える化することが大切

また、各媒体で一人を採用するのにいくら掛かっているのか?をエクセルで一覧化して管理されているそうで、見える化していると成果として跳ね返ってくるそうです。

  • どの媒体が高くなってしまっているのか?
  • 競合企業と比べて自社の弱みは何なのか?

これらのデータを徹底的に管理し、弱点があれば改善を進めて行く企業はやはり成果として採用のコストを下げることができるとのこと。

コストを下げることが必ずしもいいかと言うとそうとも限らないものの、成果として出やすい点ではあるそうです。

こちらのウェビナーはアーカイブで全編見ることができます

決定版!飲食店の人材不足問題!~これからの採用と定着を解決する方法~】のウェビナーはアーカイブで全編配信中です。

より詳しい内容をご覧になりたい場合、下記よりアーカイブ閲覧をお申込みください。

一度お申込みいただければ、今回のウェビナー以外にも過去に実施したウェビナーの動画を閲覧いただけます。

ウェビナーアーカイブの詳細はこちら

ウェビナーアーカイブの詳細はこちら

お店やサービスをもっと良くしたい!と思っているけど、何から手を付ければいいか分からない!と言ったお悩みをお持ちではありませんか?
ファンくる」では、お客様の「なんか好き」「なんか微妙」など感情を定量化。ブランド選択理由や店舗毎特性など、お客様の体験を可視化できるようになりました。
特許を取得した独自解析によって、ブランド戦略や商圏戦略、業務改善をご支援します。
経営の意思決定や現場改善に繋がるデータ活用に課題を感じている方はお気軽にご相談ください。
ファンくるのサービス概要を見る

セミナー・イベント
シェアする
ファンくるマガジン