「次回予約のプロ」が教える次回予約率を上げるために意識すべき3つのこと【江利 仁美氏 美容室経営向けウェビナー】

次回予約率を上げるために意識すべき3つのこと セミナー・イベント
次回予約率を上げるために意識すべき3つのこと

「次回予約のプロ」が教える ~次回予約率98%の理由~」は、2023年3月14日(火)の20時にファンくるにて美容室経営者向けの無料のウェビナーとして開催されました。

このウェビナーでは「次回予約のプロ」として美容業界で有名な江利 仁美氏にご登壇いただき、

  • 次回予約を取るためのマインドセット
  • 次回予約を取れるようになるためのヒント

などをお話いただいています。

なおこちらのウェビナーはアーカイブで全編閲覧することができます。

この記事ではまとめきれていないより詳しく具体的なお話もあります。
他社がどのような取り組みを行っているか興味があるという方はぜひご覧ください。

このウェビナーの詳細を見る

このウェビナーの詳細を見る

お店やサービスをもっと良くしたい!と思っているけど、何から手を付ければいいか分からない!と言ったお悩みをお持ちではありませんか?
ファンくる」では、お客様の「なんか好き」「なんか微妙」など感情を定量化。ブランド選択理由や店舗毎特性など、お客様の体験を可視化できるようになりました。
特許を取得した独自解析によって、ブランド戦略や商圏戦略、業務改善をご支援します。
経営の意思決定や現場改善に繋がるデータ活用に課題を感じている方はお気軽にご相談ください。
ファンくるのサービス概要を見る

このウェビナーはサロンの次回予約率を上げたい方におすすめです

「次回予約のプロ」が教える ~次回予約率98%の理由~」は、以下のようなお悩みをお持ちの方におすすめのウェビナーです。

  • サロンの次回予約率を上げたい
  • スタッフに明確な次回予約のやり方を伝えられない
  • お客様に次回予約のメリットを割引でしか伝えられていない
  • スタッフが次回予約を嫌がる
  • 次回予約をすると逆にお客様が離れてしまうのではないかと思っている

このウェビナーは「次回予約のプロ」として美容業界で有名な江利さんにご登壇いただきお話を伺っています。

このウェビナーの詳細を見る

このウェビナーの詳細を見る

ほんのちょこっとした積み重ねがリピートを創る

リピートを取るうえで意識すべきことは3つ。

  • お客様との距離感
  • ヒアリング
  • お客様への安心感(提案)

これが次回予約を増やすために江利さんが意識している大切なことになります。

それぞれ詳しく見てみましょう。

お客様と正しい距離感で付き合うことが次回予約に繋がる

下記5つのことを辞めると次回予約率は上がると江利さんは仰います。

  • モチベーションで仕事をしない
  • プライベートで付き合わない
  • 仲良くなっても敬語で話す
  • 新規の人もリピートの人も平等に接する
  • 家族や友達をお客様にしない

モチベーションが高いときは仕事の質も高いけど、低い時は微妙だったり、プライベートの知り合いやリピーターを優先して新規のお客様を少しでも雑に扱ってしまったりしていませんか?

また、家族や友達をお客様にしてしまうと、彼らがリピートしてくれるため接客そのものの質が下がるなどが起こり、次回予約が取れなくなるので今すぐやめましょう。

お客様と必要な会話をすることが次回予約に繋がる

例えばお客様に、

  • お仕事は何をされているんですか?
  • 今日はお休みですか?
  • 彼氏(彼女)はいるんですか?
  • 今日、この後何か予定はあるんですか?

と言ったプライベートに入り込むような質問をしているなら、今すぐやめましょう。

お客様から言われない限り、プライベートに入り込まないのは鉄則です。

実際、江利さんが上記をSNSに投稿したところバズったそうです。
理由は一般の方たちが共感されたからです。

つまり、一般のお客様たちは、プライベートに入ってくるような質問を好んでいないということです。

一人でゆっくり過ごしたいお客様も多くいらっしゃいます。
そのようなお客様には必要なことだけを伝えれば無理に話を続ける必要はありません。

一報で悩みが多いお客様、おしゃべりが好きなお客様、伝えたいことがあるお客様は自分からお話をしてくれます。

接客でもお客様の個性を大切にしましょう。

お客様への提案が次回予約に繋がる

  • 「いつもので」と言われている
  • 季節に合わせた提案を行っていない
  • 次回来店する理由を話せない
  • 「次も〇ヵ月後にお待ちしてます」で終わっている
  • その場だけで満足させている

普段、上記のような状態だとなかなかリピートは生まれないでしょう。

お客様にリピートしてもらうには「お客様が次回も来る理由」を創る必要があります。

  • カラーに対しての提案
  • トレンドに合わせた提案
  • 季節に合わせた提案

をこれらを行うだけでもリピートを生むことに繋がります。

○○様、2ヵ月に一回いらっしゃっていただいてますね。
次回は12月ですが、下旬だとお正月前で混むのと、カラーのメンテナンスも必要なので12月の前半はご都合いかがでしょう?

と言ったように、お客様が普段来店されている周期と年間行事、継続する理由をまとめて提案を行いましょう。

「プロ意識」を持ってお客様に接すれば、次回予約は創れる

リピートを創るために日々活動していても、スタッフに掛ける声が

  • どんなことを言っていますか?
  • どのようにお客様に声を掛けていますか?

ではリピートを創ることはできません。

  • そのお客様に適した距離感で接客できているか?
  • お客様の本音をヒアリングできているか?
  • 季節や施術に応じた次回の提案を行っているか?

入社した時やスタイリストになった時、心からもっていた「プロ意識」を思い出して一つ一つの行為を積み上げることが次回予約に繋がります。

ぜひ意識して取り組んでみてください。

こちらのウェビナーはアーカイブでより詳しく見ることができます

「次回予約のプロ」が教える ~次回予約率98%の理由~」のウェビナーはアーカイブで全編配信中です。

より詳しく、具体的な内容をご覧になりたい場合、アーカイブ閲覧をお申込みください。

一度お申込みいただければ、今回のウェビナー以外にも過去に実施したウェビナーの動画を閲覧いただけます。

ウェビナーアーカイブの詳細はこちら

ウェビナーアーカイブの詳細はこちら

お店やサービスをもっと良くしたい!と思っているけど、何から手を付ければいいか分からない!と言ったお悩みをお持ちではありませんか?
ファンくる」では、お客様の「なんか好き」「なんか微妙」など感情を定量化。ブランド選択理由や店舗毎特性など、お客様の体験を可視化できるようになりました。
特許を取得した独自解析によって、ブランド戦略や商圏戦略、業務改善をご支援します。
経営の意思決定や現場改善に繋がるデータ活用に課題を感じている方はお気軽にご相談ください。
ファンくるのサービス概要を見る

セミナー・イベント
シェアする
ファンくるマガジン